【2円/分の格安 】海外から日本の固定電話に国際電話する方法

その他

海外に住んでいる人
ちょっと緊急で銀行に連絡したい。友達ならライン電話でいいけど、固定電話はさすがに無理か・・海外から日本に電話するのっていくらかかるんだろ?

日本に住んでいる人
タイ旅行の前に、現地のレストラン予約したいけど電話でしか予約受付してないんだよなー。

この記事に向いている人

  • 国際電話全般を安く簡単にしたい人
  • 日本から国際電話したい人
  • 海外から日本の固定電話に安く電話したい人

この記事では、下記内容を説明をします。

  • 日本からSkypeを使ってタイに2円/分で電話する方法
  • Skypeを使った国際電話の仕方

この記事を書いている私は・・

うわばみ

この方法を使って、日本→イギリス、タイ→日本、

イギリス→日本、ロシア、イタリア、フランス、韓国、ドイツ、ベルギーに通話経験あり!

タイから日本に関しては無料で電話できちゃいました!

※本記事はSkypeの公式ホームページを参考にしています。

タイから格安で日本の固定電話に国際電話する方法

今回はSkypeを使った方法を解説したいと思います。

理由は一番安いからです。

今回はなんと格安ではなく、無料でタイから日本に電話することが可能でした。

いつまでの企画かわからないのですが20年2月時点、現在は無料お試しができるからです。

そうでなくても格安でできることは間違いなし!

下記4ステップに沿って説明します。

  1. Skypeにログインする
  2. 電話をかけたい国を選択
  3. Skype クレジットを購入
  4. 電話をかける

早速やり方を見ていきましょう。

Step1 Skype にアカウントログインしましょう。

まずはSkypeのオフィシャルリンクに入りましょう。

Microsoftに買収されたのでMicrosoftのページに行きます。

Skypeのアカウントをすでに持っている人は1分で設定可能です。

アカウントのない方でも簡単に設定可能なので、まずつくっちゃいましょう。

サインインすると下記のような画面になります。

月額プランの追加をクリックします。

Step2 Skypeで電話をかけたい国を選択する。

クリックすると検索画面になります。ここからかけたい国を選択しましょう。

今回はタイに電話をかけるので、タイを選択します。

よく検索される国にありました。

Step3 Skype クレジットを購入する(無料お試しする)

すでに無料お試し中なので、下記の図では表示されていませんが、「1か月無料試用する」とでますので、無料体験したい方はそれを選択します。

この図からもわかるように、特定の国に電話をしたい場合はその国にかけるプランを選択すればよいです。

世界中どこでもかけられるプランも左側にあります。

今回は1か月間の400分タイに電話できる850円のプランを選択します。

毎月支払いにしておき、今回のみでやめたい場合は月更新の前のタイミングで更新をキャンセルしておきましょう。

カード情報を入れて、決済します。

Step4 Skypeで電話をかける

電話をかけるときはSkypeのアプリで行います。

携帯でもPCでもどちらでもよいのでアプリを起動させてログインしましょう。

ログインすると下記のような画面になります。

新しい通話をクリックして、ダイヤルパッドを表示させます。

そこから国番号を選択して、かけたい電話番号をいれ、発信するだけです。

Step3で購入した場合は自分のアカウント上に自動で¥850のプランが設定されています。

月額プラン適応になっているので、タイを選択してタイに通話すれば850円以上にチャージされることはありません。

Skype で国際電話をするメリット・デメリット

では、実際にいろんな国からいろんな国にSkypeで電話してみて感じたメリット・デメリットについて書きたいと思います。

Skypeを使った国際電話のメリット

  • 電話料金が安い
  • どこからでもかけられる
  • 設定が簡単
  • オンラインにしない限り電話を受けなくてよい

電話料金が安い

今回見ていただいた通り、

例えばタイへの通話でいうと、

月400分÷850円=2円/分です!!!

世界中に電話できるスカイプクレジットですと

月130分÷600円=3.9円/分

めっちゃ安くないですか??

世界中で通話できる600円のスカイプクレジットをつかったことがありますが、予約やちょっとした要件を聞くのに電話するだけだと130分ってそうそう消費しないので、結構電話しまくれちゃうんですよね。

いろんな国に電話する予定がある人、ひとまずこの600円のクレジットを買っておけば、どこにかけてもOKなので、とっても便利ですよ。

注意 ちなみにこのスカイプクレジットは最後に電話またはSMS発信してから180日で無効化してしまうので、定期的にちょっとでも使うのがおすすめです。

海外に電話するのに4桁以上のお金をつかっていた時代に比べたら革命的にやすい!!!

どこからでもかけられる

このSkypeの通話はどこへかけるかしか問われません。

つまりどこの国からかけていようが料金は一緒です。

例えば、先ほど日本からタイへの発信方法を説明しましたが、

これがアメリカからタイでも、韓国からタイでも2円/分は同じです。

これってすごいですよね。

設定が簡単

Skypeは設定が簡単で、3分~5分程度で初期設定から電話発信まで完了してしまいます。

パソコンの弱い私でも使いこなせているので、ユーザーフレンドリーですよね。

出たくない電話に出なくていい

これは短所でもありますが、Skypeは設定しなければ相手側に「非通知」と表示され電話番号がでません。

つまり、固定電話や携帯電話からSkypeに電話をかけることはできません。

また、Skype同士会話したとしてもSkypeをオフラインにしておけば相手側は発信することはできないので、電話に出たくない場合はずっとオフラインの設定にしておけば安心です。

Skypeを使った国際電話のデメリット

  • Wi-Fi環境が必要
  • 音が途切れる
  • 電話番号が非通知になる

Wi-Fi環境が必要

残念ながらオンラインサービスなので、ネットワークなしでは電話することができません。

安定したネットワーク環境の中で行いましょう。

これは仕方ないですね。

音が途切れる

これは場所にもよるのかもしれないですが、Skypeを使って海外に電話した時

基本的には普通の電話とそこまで変わらずに快適な通話環境を楽しめます。

しかし、距離が遠いのが関係あるかわからないですが、たまに音が途切れることがあります。

ネットワークが弱かったこともあるかもしれないのですがタイから日本に電話した時は時々声が遠くなる現象が起きました。

イギリスからヨーロッパ各地にかけたときは普通の電話と変わらないくらいきれいに聞こえました。

全く話せないほどに音が悪かったことは経験したことはありません。

でも会社の固定電話からもよく海外に電話するんですけど、たまに音とぎれますよね。

と考えるとSkypeでかけるのと大して変わらないと思います。

電話番号が非通知になる

これは良い点でもあるのですが、Skypeでは電話番号が表示されません。

Skypeから電話をかけたとき、受け取った相手側には「非通知」と表示されます。

そのため、SkypeはSkype以外の固定電話や携帯電話からは電話を受け取ることができません。

もし受け取りたい場合は有料ですが、番号設定をしておくと応答メッセージや転送設定することが可能です。

電話番号さえ取得すれば固定電話からも電話を受けることができます。

日本の番号を取得した場合は、かけた側が日本である限り日本国内通話料の電話代がかかります。

もし国外からであった場合は、かける側の契約している国際電話の料金になります。

受ける側の人は料金はかかりません。

まとめ

以上、私のおすすめする格安の国際電話の方法を紹介させていただきました。

海外に電話をする方法は他にもあるのですが、Skype というツールはすでにダウンロード済みの人が多く、とっつきやすいかと思います。

また、Line out などの比較的新しいサービスよりも分単価でいうと今のところ安いんですよね。

(※Line Out コールクレジットは6円/分、30日プランだとタイに1.67円で電話できます)

海外から電話が掛けたいときや、日本から海外に電話するときの参考になれば幸いです。