非居住者が海外から開設可能な米国株の取引所

海外移住し非居住者になった場合、日本の証券口座は開設できなかったり、使っている口座を閉鎖しなければいけなかったりと不便が生じます。

NISAやiDeCoも使えなくなります。

気づかずにそのまま使っていると、口座を凍結されてしまうとか。

しかしながら、海外にいる場合は日本よりも貯金も増えますし、資産運用のチャンスでもあります。

そこで今回は海外在住者、駐在員、駐在妻でもできる米国株の取引方法を見てみました。

投資好き駐在妻。海外生活長いけど、株からFX、仮想通貨まで幅広く資産運用しています。

目次

駐在員が海外へ居住するときに気をつけること

株取引を始めとする日本でやっていかなければいけない処理があります。

事前に必ず確認しておきましょう。

なぜ海外居住者は日本の証券会社を使えないのか

明確にはわかりませんが、証券会社が日本国外で金融商品取引業務を行う許可(免許)などを海外の監督官庁等から得ておらず、居住国の法令諸規則に則った対応が出来ないということが理由のようです。

つまり海外の取引所などのそういった対応ができる会社を選べば海外からも引き続き資産運用をすることは可能です。

日本の取引所では海外での新規売買を制限するところが多く、新規売買をしたい場合は海外の取引所を選ぶことになります。

海外の取引所を通して株取引を行うには、開設までのやり取りを英語で行うなどのハードルは生じます。

また納税の面でも気をつけなければいけません。

非居住者が海外から開設可能な米国株取引所

海外からの使えるおすすめの米国取引所はFirstradeです。

手数料と使いやすさの面で最も優れているのがおすすめポイント。

ですが、Firstradeはアメリカの銀行口座を持っていないと口座開設ができません。

なので、最も簡単な方法は下記ステップで行います。

  1. ユニオンバンクにアメリカの銀行口座を開設(三菱UFJ経由で可能)
  2. Firstradeに口座開設する
  3. Wiseで円からドル送金
  4. 米国株取引を始める

海外から米国株を購入する方法① ユニオンバンクに口座開設

通常アメリカに住んでいない人はアメリカの銀行口座には口座開設できません。

しかしユニオンバンクでは非居住者でも口座開設が可能です。

しかもユニオンバンクは三菱UFJと提携を結んでいるため三菱UFJ銀行の口座を持っている場合は、UFJ経由で簡単に口座開設することができます

参考:カリフォルニアアカウントプログラム

日本からまだ住民票を抜いていない人の場合はこの方法が一番ラクです。

私の場合はすでに海外にいたのでユニオン・バンクと直接やりとりしなければならず大変だった・・。

直接アメリカとやりとりして口座開設するのは住所確認書類や身分証明書を何度も出し直したりと、とても大変なのですがUFJ銀行に代行してもらうサービスは日本にいながら簡単にアメリカの口座開設ができます。

しかしながらアメリカを経由するので開設までの余裕は1ヶ月くらい見たほうが懸命です。

海外から米国株を購入する方法② Firstrade証券に口座開設する

晴れてユニオンバンクに口座開設できたら、早速Firstradeに口座開設しましょう。

口座開設はパスポートと居住地のTAX ID(マイナンバー)、住所確認書類が必要になります。

住所確認書類(Proof of Address)は身分証明書の住所と居住地が一致しているか確認するためによく提出をもとめられます。

水道電気などの公共料金のレシートが住所確認書類にあたります。
主婦の場合は住所の宛名をMr.&Mrs〇〇に変更してもらわねばいけません。

海外居住者が使える証券会社は他にもありますが、今回Firstradeを選んだ理由は下記です。

ETFと個別株の売買手数料が無料。
口座維持手数料無料。
取引画面がシンプル。
取り扱い銘柄が多い。

日本語対応なし。
米国に納税分を確定申告する必要あり。
損失の繰越控除が日本では適用外。

取扱銘柄については日本の楽天証券などで買えない銘柄なども幅広くカバーしています。

これからもっと増えていくことは考えられますが現時点ではFirstrade証券一択かなと思います。

海外から米国株を購入する方法③ 円からドル送金

為替手数料が安く、円をドルに買える方法はWiseがおすすめです。

Wiseはイギリスの会社ですが日本にも支店があり日本語のサポートもあるので安心です。

日本にいる場合は住信SBIネット銀行を噛ませて安く外貨を購入できますが、海外在住者には使えません(1ドルにつき4銭の手数料で外貨を購入可能)

そのため、海外居住者がお得にドル送金する方法はWiseとなります。

Wiseで20万円送金しても手数料は1,383円でした。

Wiseのメリット・デメリットは下記です。

手数料が安い。
着金が早い。

100万円以上の送金はできない。

送金するところまで考えるとWiseの安さはすごいですね。通常銀行から外貨送金する場合と比べると実に8分の1程度の手数料です。

Wiseの無料登録はこちら。

非居住者が海外から開設可能な米国株取引所

以上より、非居住者が海外から米国株取引をする場合はこの方法が一番簡単です。

  1. ユニオンバンクにアメリカの銀行口座を開設(三菱UFJ経由で可能)
  2. Firstradeに口座開設する
  3. Wiseで円からドル送金
  4. 米国株取引を始める

海外から日本の証券会社は使うことができないので、新規で米国株の売買をしたい場合は米国の証券会社を使う方法で解決することができます。

ただし、新規の売買をせず長期保有する場合であれば下記の証券会社であれば日本で口座開設したあと、日本に帰国する予定がある場合は休眠措置をとることができます。

SBI証券
楽天証券
マネックス証券
野村證券
SMBC日興証券

自分の環境にあった方法を探してみてください。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (5件)

目次
閉じる